懐かしのラムネや漬物の製造、こだわりの素材の紹介


by tobikiri-one

夏の見学でした♪♪

今年の夏は暑い。
夏休みに入った子どもたち(ちゅーピー子どもニュースくらぶ)とJA広島中央の皆さんが見学にこられました。

弊社、衛生管理や見学コースがないとこなどの点から通常は見学を受け付けていないのですが、今回は特別に見学してもらいました。

ちゅーピーこどもニュースくらぶの皆さんは、ラムネ製造を見学。
ラムネのシロップづくりや瓶に入っている様子を見学してもらいました。
いろいろなところから集まった子どもたちだったので、最初は緊張してましたが、
緊張もほぐれてくると、いろんな質問もしてくれるようになりました。

写真は工場長がラムネがビー玉で栓をする仕組みを丁寧に説明しております。

写真は、シロップづくりの見学の様子、シロップは各社企業秘密、その秘密を聞き出そうとして、
質問をしてくる子ども記者もおりました。
みんな興味津々です。


さて、もう少し前になるのですが、JA広島中央のメンバーさん達の様子です。
ラムネは作ってない日だったのですが、いろいろと工場内をご案内させていただきました。
事前に漬物の様子を見たいということでしたので、今が旬の茄子、もぎたての茄子を持ってきてもらいました。

弊社では、茄子を一番美味しいうち漬け込むという取り組みを行っております。
それは、JA広島中央の茄子の収穫時期に取り組んでおります。
茄子やキュウリなど夏野菜は、収穫後、野菜自体の当分を使いながら生存するということを聞いた。
なので、茄子の産地が近いときには、できるだけもぎたてを漬け込んでトビキリ上等な茄子漬に漬け込むと
もぎたてを取りに行き、作っております。
朝採れたての茄子を持ってきてもらい、茄子を漬け込む様子を見てもらいました。

本当に熱心に見学をされます。そして、質問をされます。
よっぽど大事に育てた茄子なので関心があるのだなっと思っておりました。
ですので、一つ一つの質問に丁寧に対応し、工場長も漬け込みのコツなどもお教えしておりました。

塩もみの様子を実演で見学している様子

写真は、JA広島中央の皆さんと私と工場長での集合している様子。

最後にさらに質問がしたいということ、いろいろと話をしておりますと
なんと茄子を本格的に作っている人は少ないということ、
では、なぜこんなに熱心に!!

聞いてみると、ウチの茄子漬がおいしいから同じように漬け込んで、産直市などで売ったらいいねということでした。
嬉しい反面、近い将来のライバルになるかも~(笑)♪♪♪

夏の発酵と発泡の奮闘記
勉強熱心な皆様でした。

ちゅーピーこどもニュースくらぶの子ども記者の新聞をもらい、ほのぼの楽しむことができました!!





f0132963_1171460.jpg
f0132963_118085.jpg
f0132963_11102536.jpg
f0132963_1111786.jpg

[PR]
by tobikiri-one | 2016-08-11 11:11