懐かしのラムネや漬物の製造、こだわりの素材の紹介


by tobikiri-one

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日に続き今日も瓶を丁寧に洗いました。
が・・・・・・・しかし
f0132963_1784339.jpg

上から見ると瓶の種類の多さにびっくりしました。
年代、ロットによって、ラムネの瓶も微妙に違うのです。
「緑色、青色、濃い色、薄い色」いろいろです。
ラムネの製造をやめる人、つまりラムネ屋をやめる人のところに行き、譲り受けたりしたりしたこともあります。
いろいろな色の瓶に美味しいシロップをいれて、炭酸水を入れてラムネになるのです。
その瓶の個性も美味しさのお手伝いをしてくれています。
でも、その瓶もダンダン数が少なくなってきています。
まあ、増えることはないのですが、大切に使って、作っていきますよ。
という、数が減っていく美味しさの秘密について。
[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-29 17:13

懐かしさを、作るために

なんとも、昔懐かしいジュースのために「エ~ンヤコ~ラ~」。
瓶を真剣に洗っております。
洗浄水の温度をあげて、きれいに洗い上げます。
瓶倉庫から、瓶を1ケースずつ運んで、洗瓶機の横にスタンバイさせます。
洗う数がそろうと、機械を動かし瓶をかけます。
1人が瓶をかけ、もう1人が瓶を取ります。
洗い終わると、瓶1本ずつきれいに洗えたか、丁寧に検瓶します。
それを全部パスして初めて合格瓶になるのです。
合格瓶をもう一度洗って、瓶にジュースを詰めるのです。
「洗い回し、使いまわしですが、この瓶が好きなんです。」
f0132963_18315491.jpg
そして、美味しいのです。
[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-28 18:33

帰りに雷が鳴りました

9月の24日の祝日に広島市でバスフェスタ「バスのお祭り」がありました。
久しぶりの広島のイベントなので楽しんでいってきました。
飲料水を持っていたのですが、飲料水初めての室内イベントでした。
まあ、何も考えずに、お祭りとラムネを楽しんできました。
バスフェスタ祭りは、今回で9回目、そしてミュージシャンが歌ったり、神楽があり盛りだくさんでした。
中元本店のラムネの前には、すごい古いバスが展示してあり、子供たちの記念撮影に
大人気でした。
とにもかくにも、楽しいイベントでした。
うちの方は、なつかしの飲料セットが好評で売り切れでした。
お土産として冷やさず常温で販売したのですが、皆さんが通りすがり立ち止まって
引き返してきて買っていってくれました。
今年の新製品がちょっとした好評で、それがなんともいえない嬉しさでした。
充実した一日で、帰りに雷が鳴りました。
近くに落ちた様な感じでしたが、「売り切れた、なつかし飲料セット」の余韻に浸りながら
非力なハコバンで、雷をよけて帰りました。
f0132963_11401476.jpg

[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-27 11:40
今日で、といいかけてつまづきましたので、やり直し。
今日も、中々暑かったです。
お盆を過ぎ1ヶ月が過ぎ、なかなか早い一ヶ月だったと「残念がっています」
残念がっても、喜んでも、一ヶ月は一ヶ月なのですが、「とても暑い9月です。」
暑いので「胡瓜の話」でもしときましょうか?
以前、江田島の胡瓜農家さんを紹介してもらい話をしにいったときのこと。少し前のことなので
うる覚えなのですが。

 江田島の細く曲がった道を車を走らせながら、倉橋のこだわりの農家・高本さんと合流しました。そこから、もっと細く曲がった道を高本さんの後をついていきました。一時車を走らせ、海辺で江田島の農家さんと合流しました。ここで、終わりではないのです。この江田島の農家さんにつれっていってもらい、紹介してもらったのが「江田島の胡瓜農家さん」Yさんなのです。
Yさんは、初対面なのに丁寧に胡瓜のことを教えてくれ、ここまで胡瓜を極めるためのはなしも
少し聞かせてくれました。「とにかく、もぎたてが一番よ」「一番、一番」ともぎたての胡瓜を1本
「ほい、食ってみ」と。
「ガブリ。パリッ」プロ中のプロの作る胡瓜のもぎたて、もうぜんぜん「香りが違う」うまい。

と、走馬灯のように思い出してきましたが、本当に野菜って美味しいんです。
皆さん(作り手)の気持ちがこもっていますもの。
これからも、大事に漬け込みます。
f0132963_1902448.jpg

[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-22 19:00

また、故障です。

今日、コンプレッサーが壊れました。
まだ何とか動いているのですが、
音がすごいです。
コンプレッサーとは、電気で機械を動かして、空気を蓄積する機械です。
あんまり使っていないようですが、やはり、大切なものなのです。
もう結構、古いものなのです。
狭いところに手を入れて、ボルトを外して、ベルトを交換したりしたのですが、
どうも、思いのところと、悪いところが違ったのです。
「もう全部、悪いのでは、もう!」と思うぐらいでした。
今でも、激しい異音とともに動いております。
その音を聞きながら「憂鬱な夕方」をむかえ
「秋のけだるさを感じる今日この頃」

[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-14 17:40

月の月ですか?

暑さも、峠を越えたと思った途端に撤回しました、今日ですが。
やはり、暑かったです。
先週末から、品切れだった「リターナブルラムネ」ですが、本日作りました。
リターナブル瓶ラムネは、瓶が貴重で重たいのが、特徴です。
本当に重たいこのラムネは、作るのが大変なのです。
機械で洗うのですが、洗剤で高温で洗い、水洗いする、さらに何度も水洗いするのです。
こいつが、大変繊細なのです。
それは、温度。温度が高いと割れてしまうのです。さらに困ったことに洗浄液の温度が下がると
泡が出て大変なことになるのです。いや~繊細、繊細。
「上げるな、下げるな」ということです。
まあ、大変なことをあげるときりがないのですが、どうにか作り上げました。
お盆明けにラムネの充填機のメンテナンスをしたのですが、充填機は最高に調子が良かったです。
「リターナブル瓶のラムネ」の苦労話は、また今度企画をたててしたいと思います。
[PR]
by tobikiri-one | 2007-09-04 17:24