懐かしのラムネや漬物の製造、こだわりの素材の紹介


by tobikiri-one

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

酵母満々、発酵です。

試作品です。
f0132963_11473293.jpg
去年の12月に漬け込んだ白菜漬です。
どんなになっているのかな?
本格発酵したお漬物・新商品を作りたい。
田舎漬を作りたい、発酵文化で楽しい美味しいお漬物は出来ないかと考え中です。
ただいま考え中です。
乳酸菌のお漬物の良さを美味しく漬物すると思っているのですが・・・・・
試食をしました。
う~ん、まだまだって感じでした。
乳酸菌さん助けてください。
これからの課題として日々考えていくように「考え中」です。
乳酸菌漬物の出来上がりを楽しみにチャレンジです。
[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-15 11:48

雨にも負けず、ラムネ瓶

今朝、大切なものを取りにいってきました。
なんと、平成元年に製造中止になったラムネ瓶をもらえるということで・・・・・。
呉のすぐ近くの美味しさの宝庫・音戸町(呉市)へラムネ瓶を取りにいってきました。
ラムネ瓶を箱詰めしながら色々なラムネ瓶と音戸のラムネの文化を踏みしめながら
「よ~し、ラムネを作るぞ~」と意欲をわかせました。
楽しいラムネいっぱいだ~~~。
f0132963_1840898.jpg

[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-14 18:40
いや~先日から壊れたままでした。
先日、一生懸命直して直ったと思った洗瓶機が直ってませんでした。
もういやになってしまいましたが、瓶の洗わなければジュースを作ることが出来ません。
先日は、第六感まで使って修理したのですが、やはり原因が違ってたみたいです。
本当の原因解明にいろいろと・・・・・・・・・。
このチェーンの先に秘密の原因があったのです
f0132963_1637662.jpg

もう・・・・・こんなに奥が深いとはとほほです・・・。
まあ、色々機械について学ぶことが出来ました。
もう任せてください。
ということで、暖かくなる前に直って良かったの巻きでした。
[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-13 16:38

五感で感じ取りました

五感で感じ取りました。
本当に大変でした。
目で見て、耳で聞き、触って感触で確かめ、色々なことを考えました。
臭いと、味わってないので、三感かもしれません。
もう本当に大変でした。
ラムネの瓶を洗浄する機械の調子が最近本当に悪いのです。
ラムネの瓶が洗えないので、現在製造ストップです。
そこを何とかしないといけないと、ものすごく奮闘しております。
どう奮闘しているかと言うと
「変なところはないか」とよ~く見て、「変な音、異音はないか」とどんな小さな音も聞き逃さないように耳を澄まして、「おかしいところはないか」笑って見ました。そこ違います!「おかしいところはないか」と指先に全神経を集中させていろいろ触って感じ取りましたが、失敗していきました。
しかし失敗しても諦めずチャレンジ、その甲斐あって何とかなりそうな感じがしてきました。(第六感)
来週にその成果を試すべく、ラムネの瓶を洗おうと思います。
こういうアナログな修理の仕方がラムネには良く似合う。
f0132963_23143392.jpg

本当に一生懸命トライしました。
[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-07 23:19

いっぱいの沢山です

漬物石の横からのぞいている酵母の画像です。
f0132963_1313932.jpg
一月初旬に漬け込んで、今年の寒波のおかげで少しづつ発酵してきています。
じっくりと旨みを増しながら・・・・・・・・・。
石の下につけられ、まず大根から水分が出てきて。そのうち上がってきた水分からポツポツと酵母が浮いてきます。その酵母がだんだん増えてきてびっちりと生えてきます。
じっくりと酵母が厚さを増してくると、現在です。
この少しのスペースに酵母は、沢山の酵母が頑張って出来たさらに「いっぱいの酵母なのです。」
じっくりじっくり増えていき、じっくりじっくりと・・・。
そのゆっくりとした発酵と増えてきている酵母の頑張りは、まだまだ続きます。
[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-04 13:22
大和ミュージアムで近代文化遺産活用フォーラムがありました。
何気なく入ったのですが、とても感動しました。
「色々な文化があり、色々な出来上がってきている」一言ではいえないが、文化に少し触れることが出来た気がしました。
その中でも石の技術と煉瓦の技術、建物の文化・・・いい勉強になりました。
関西(瀬戸内)の石きり職人は御影石を切ることが出来たみたいで、ですから良質の御影石を使用し水源地を作ったみたいです。その水源地を作った時代に御影石を使ったいうことは、大変なことだったみたいです。昔から呉には良質な石と腕利きの職人がいたみたいです。
説明でいろんな写真を見ましたが、身近なところにも面白いところが沢山ありました。
呉の奥深さを感じた一日になり、これからも発酵と発泡で色々な文化と触れ合っていこうと考えた一日にもなりました。
文化、伝統、バンザイです。
f0132963_12332189.jpg

[PR]
by tobikiri-one | 2008-03-03 12:35