懐かしのラムネや漬物の製造、こだわりの素材の紹介


by tobikiri-one

よ~し、がんばるぞ

今日から、気持ちを入れ替えて、新年度です。
「がんばろう~」という気持ちも、黄砂の目隠しに会い、少し減少しました。
なんてね。でも、すごい黄砂でしたね。
運転してても、気持ち悪かったです。
まあ、4月になりましたので、「4月は、4月の風が吹く」
ということで、気合を入魂して、出発~。
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-04-02 17:34

季節ですねー。

今日は、色々漬け込みましたが、糠について1つ。
そろそろ野菜もいろいろなものが、市場にも出てきています。
最近は、瓜。
瓜は、奈良漬もそうですが、一番有名なのは、「瓜のぬか漬」ではないでしょうか。
トビキリの瓜漬は、一手間加えて、「煎り糠」を使っています。
煎るのがポイントの1つなのですが、「時間をかけてじっくり煎ります。」
強火で焦がしてはダメ。「焦がさず、香ばしく」
f0132963_14231153.jpg
です。
「美味しくぬか漬~~~~~。」
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-31 14:23

つかの間の安らぎ

昨日は、忙しくてブログを書くことが出来ませんでした。
ちょっと反省です。
本当に忙しかったです。
今日も忙しいのですが、ちょっと一息。
朝撮った写真です。
春ですね~~~~~~~。
美味しそうな花です。
f0132963_10422097.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-30 10:42

そろそろ桜かな

今日は暖かい一日でした。
少しボーっとしそうなぐらい。
熱かったので、水を使って掃除しました。
すごい圧力で掃除します。
結構、前からこの機械があったのですが、以前は楽しみながら作業していたのに。
「ふう、きれいになりました」
暖かいと水も怖くないです。
もうそろそろ桜かな
f0132963_17503476.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-28 17:51

奈良漬のお味は、いかが

四年間、漬け込んだ奈良漬です。
何度も漬け込み、美味しさを高めてまいりました。
しかし、トビキリの奈良漬にはもう一歩。
もう一回漬け込みましょう。
とにかく、一番美味しくしたいので、一樽づつ味見して丁寧に漬け込みます。
職人の舌をうならしたものだけが、商品として出せるのです。
今、味見した奈良漬は、もう一回「トライ アゲイン!」
もう一度漬け込みます。
f0132963_11422483.jpg

こんなにいい色なのに・・・・・・
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-27 11:43

こんな手作業です

ラムネのなつかしのラベル貼りです。
時間が空いたときに貼っております。
ラベル貼りの専用鉄板にのりを塗ります。
そこに、折り目をつけた紙製のラベルを順々に、のりの上においていきます。
後は、瓶に貼っていくだけです。
地道な作業で、途中で飽きてしまいますが・・・・
「まあ、これを付けないと商品にならないので、頑張ります。」
f0132963_16234740.jpg

結構、簡単じゃあないんですよ。
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-26 16:24
昨日、写真がなかったので、今日は気合を入れてカメラを持ってきました。
昨日作ったラムネは、完成していません。
これから時間をとって「検品」しなくてはいけないのです。
検品は、2人がかりでしっかりと検査します。
検査をパスしたラムネだけが上に「紙ラベル」を貼って商品になるのです。
「美味しいラムネ」になりました。
f0132963_10131030.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-24 10:13

ラムネを作ったのですが

今日は、ラムネを作ったのですが、
カメラを忘れました。
シュワワワワ~といい絵が取れたはずが、次回は皆さんにお見せしたいと思います。
寒さもやっと緩んで「少しラムネの美味しい時期」になってきました。
今年は、ラムネの美味しい暑さになればいいのですが
まあ、考えても始まらないのでラムネを飲みました。
「ああ~、今からですね。」
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-23 17:56
明日は会社は休みですが、漬物の酵母
f0132963_18215291.jpg
はしっかり働いています。分かりにくい写真ですいません。
シートの下でゆっくりと発酵しています。
じっくり、ゆっくり ・ ・ ・ ・ ・ 
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-20 18:22

おもた~い重石

今日は広島菜の漬け込みです。
漬け込みには、色々なところに重点をおきますが、今日は「重石」
うちの漬物は、「しっかり漬かった」がうりです。
しかし、「しっかり」といっても、ただ重くすれば良いのではないのです。
一番は、原料(野菜)の状態です。
季節や農家さんによって、ずいぶん違うのです。
強そうな菜っ葉には、「しっかりと重石」
やわらかい菜っ葉には「ゆっくりと軽めに重石」
f0132963_11592236.jpg
まあ、軽めといっても重いのですが、それは職人の勘が左右するのです。
微妙なところはやっぱり、「長年の勘ですね」
美味しさを求めて「頑張ります」
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-20 11:59

カラ~イ

今日は、黒瀬町の農家さんのところに行って茄子について話を進めていました。
夏に美味しい茄子になる予定ですが・・・・・。
最近の天気や気候を感じていると心配です。
野菜は、大変気候と天候に左右されるのです。
心配しても仕方が無いので会社に帰りました。
会社では、最近進めている「キムチの開発」の試作が漬かり上がっていたので食べました。
「カラ~イ」美味いけど唐辛子が凄かったです
f0132963_18452775.jpg

まだまだなキムチでした。
「次回こそ夢のキムチに向けてガンバロー」
[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-19 18:46

身近な野菜で

おはようございます。
昨日は、テレビの撮影があり、少しばたばたしましたが、
今日は、デパートで「簡単に出来る漬物教室」をします。
時間は、今日の14時から20分ぐらいの予定です、場所:呉そごう1Fです。
人前で話さないといけないので、早くも緊張しています。
一般に冷蔵庫にありそうな野菜をピックアップして漬物を作る教室です。
仕込みで何品か作っていきます。
写真は、漬物教室で使う野菜です。
「簡単に今夜の一品」
f0132963_9261615.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-16 09:26

ラムネの機械です

つい数年前まで使用していたラムネの機械です。
昔からの職人の記憶でも「昭和30年代に中古でやってきったのじゃないかな」
てじゃあ、いつのもの?て感じです。
今は、大事に保管しています。
「本当に、お疲れ様でした」
f0132963_13103333.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-15 13:10

取れたて一番

新鮮な大根を抜いてきました。
場所は、倉橋町の「やさいの王国の高本さん」のところです。
その時に、紫大根でテレビの取材がきてました。
やっぱり、美味しいと話題になるんですね
f0132963_1816889.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-14 18:16

復活です

炭酸の機械復活しました。
「これで一安心」
取り付けるのにパッキン(機械と水の配管のすきまを密着させるためのゴム)と締め付ける
硬さに工夫しました。
一発OKです。
ステンレスのつつの中で炭酸が発砲している音がします。
と「プチプチと音・振動」がします。
長年使い続けて、壊れては直しの繰り返しで、「アナログな炭酸」という感じかな?
f0132963_9302561.jpg

[PR]
# by tobikiri-one | 2007-03-13 09:36