人気ブログランキング |

懐かしのラムネや漬物の製造、こだわりの素材の紹介


by tobikiri-one
連載・トビキリげんまい奮闘記その③ です。

前回では、玄米を米こうじと混ぜ合わせ一晩寝かせる、お話をしました。
「トビキリげんまい」のジュースのもとを作ることでした。

さて、一晩寝かせると玄米が別物に。
朝、玄米と米こうじ混ぜ合わせて一晩寝かせた「げんまいジュースのもとのもと」とでもいいましょうか。
寝かせておいたそれを、出してきます。
そのままでも、甘味が増しているのがわかるのですが、
それをミキサーにかけて、ペーストにしていきます。

「物足りなさ」って、なんでじゃ!!_f0132963_17444061.jpg

このペーストになったものが、旨い!!
甘味があり、コクがあり、美味し~、そのままでも美味しいのです!!
それを小一時間続けると、釜いっぱいになります。

「物足りなさ」って、なんでじゃ!!_f0132963_17433182.jpg

そのペーストを水をいれて溶かします。
余計なもみ殻をうらごしの機械で、濾すと
ジュースのもとになるのです。

先ほど、美味しい~って言っていたペースト!!
「物足りなさ」って、なんでじゃ!!_f0132963_17434169.jpg


これが苦労のもと、懐かしい話をさせていただきます。
今日は、金曜日でこれから用事があるので、明日以降に懐かしい話をさせて

頂こうと思っております!!
引き続きよろしくお願いいたします!!!

「トビキリのネット販売」







なんでじゃって、なんじゃって、思われたかと思います。

# by tobikiri-one | 2020-05-22 17:46
新連載 トビキリげんまいを作った~!!
その②
前回は、トビキリ「げんまい」を飲むために、一生懸命にキレイになった(冗談です)。
銭湯での思い出などのことについて、お話ししました。

今回は、玄米をどういう風にやってるんだろう。
玄米は圧力釜で炊き上げます。
トビキリげんまい奮闘記その②_f0132963_15581619.jpg

その前の日に、玄米を浸水させているんです。
玄米をやわらかく炊き上げるために、前の日に浸水させ、
少し柔らかくさせ、圧力釜で高圧で炊くのです。

水の量も家庭で炊くよりは多めです。
米こうじで玄米を糖化させるために、やわらかく炊くのです。
トビキリげんまい奮闘記その②_f0132963_15584647.jpg

炊きあがった玄米は、甘味と香りがあって、美味しくなっております。
少し、玄米の胚芽や糠部分が口に残りますが、噛み応えがあって美味しいお米です。


トビキリげんまい奮闘記その②_f0132963_15582806.jpg
炊きあがった玄米の香りは、甘く、少し香ばしいような香りがします。

その炊きたての玄米は、ステンレスの台の上に広げられます。
少し冷ましながら広げます。
熱々の湯気の中、素早く広げていきます。
一釜分の玄米を広げ終わると、少し冷まし、程よい温度になると
米こうじをかけて、
トビキリげんまい奮闘記その②_f0132963_16062159.jpg

そして、混ぜ合わせていくのです。

トビキリげんまい奮闘記その②_f0132963_16062905.jpg
さあ一晩寝かせます。
じっくりじっくり寝かせます。

つぎの日のお楽しみ。

玄米を炊き上げ→米こうじと混ぜ合わせ→一晩寝かせる

そんな発酵と発泡の奮闘記
連載中のトビキリげんまい奮闘記!!

「トビキリのネット販売」




# by tobikiri-one | 2020-05-21 16:08
田植えも終わりましたか??

お米のジュースについて!!
今回は弊社商品「げんまい」についてご紹介したいと思っております。
初めての連載になります。
あきずにお願いします。

写真は「げんまいプレミアム」、数年前に発売開始しました。

くれまちそだちの「げんまい」
なんでか?って、
呉の町とともに育ったきた飲み物だからです。
呉の町では人気の清涼飲料です。
銭湯に行ったときの楽しみ と言ってくれる方が多いです。

小さな時の思い出話を語ってくれます。
「お父さんと銭湯に行くと、キレイに洗うことができたら後で「げんまい」飲ませちゃるけん」
と懐かしいお話を聞きます。
「げんまいが飲めるけん、一生懸命洗ったんじゃ~」
(呉弁意味がわからなかったらごめんなさい)
「銭湯で同級生にあうとみんなげんまい楽しみに一生懸命洗いよったんじゃ~」
という風に銭湯で飲んだ思い出話。

呉の大人がきれいになったのは、「げんまい」のおかげかも(冗談です)(笑)。
今も一生懸命作ってます。
以前は数社の製造メーカーがあったのですが、現在は呉の町でも弊社だけです。
なので、数年前に盛り上げたい地ドリンクとして世に送り出したのが
「げんまいプレミアム」です。
玄米のお米エキスが濃いタイプです。
原材料は、玄米、米こうじ、三温糖、重曹です。

お米のジュース「げんまいプレミアム」をどうぞよろしくお願いいたします。
田植えも終わりましたか??_f0132963_17434231.jpg
「げんまいプレミアム」ネットでの販売も始めました。
皆様、よろしくお願いいたします!!
「トビキリのネット販売」
https://tobikiri.thebase.in/


# by tobikiri-one | 2020-05-19 17:50
先日、田舎沢庵の漬け替え作業が終了しました。

田舎沢庵は、旬の大根を寒干して漬け込んだお漬物です。
お客様には、「この酸っぱいのがクセになるんよ〜」とか
「おばあちゃんが漬けよったんよ〜。これが田舎に行く時の楽しみじゃったんよ〜」とか
「ご飯が何杯でも進むわ〜」などと評判で、味わいで人気の商品です。

これまでこの「発酵と発泡の奮闘記」でも紹介してきましたけど、
中々こだわっている沢庵です。
今年度の漬け込みのものも、全てではありませんが、
このように冷蔵室で熟成していっております。
最後の方に漬け込んだものについては、発酵を促すために、
まだ常温のところで発酵をまっております。
田舎沢庵、まだまだ熟成中!!_f0132963_15280084.jpeg

皆様へお届けできるまでにはもう少しかかります。
お待ち下さい。
発酵と発泡の奮闘記、今回は発酵具合について感じてください。

# by tobikiri-one | 2020-05-09 15:47

五月四日はラムネの日

5/4はラムネの日!

毎年だったら、GWは大和ミュージアムでラムネ販売しておりますが、
今年は、コロナウイルス対策として、緊急事態宣言がでており、
大和ミュージアムも休館しており、大和ミュージアムでの
ラムネ販売もやっておりません。

多くの人が安心して、観光や遊びに出れるようになることを心より願ってます。

ラムネの日、心ウキウキでラムネビンの中でガラス玉がカランコロンっと
多くの人に楽しんでもらえる日を願って、stay home !!

(医療関係者や多くの方々、現在も頑張っておられます。有難うございます)

5月に入って気温も上がってきております。
暑い日には、しっかり発泡したラムネを楽しみましょう!!!

弊社の人気ラムネ「旧・呉海軍に伝えたラムネ」大和ラムネ!!


そして、もう一つの人気ラムネ「瀬戸内の島々に吹き抜けるラムネ」しおラムネ!!


五月四日はラムネの日_f0132963_22591785.jpg
五月四日はラムネの日_f0132963_23012452.jpg

# by tobikiri-one | 2020-05-04 23:02